子供の習い事

黒板に家族の絵

学校で英語を習うのは早くても10歳位からです。日本人に映画が苦手な人が多いことから、学校の英語授業も低年齢化しています。学生時代だけではなく、働き始めてからも英語は必要ですから、できれば自分の子供に英語を話せるようにしてあげたいと思う親御さんも多くいます。学校の授業だけでは難しいので、もっと低年齢から、英語に触れさせる必要があります。その時に役立つのが子供英会話教室です。日本人が英語を苦手とするのは、英語の勉強を始める年齢の時には、すでに脳内が日本語脳になっているからだと言われます。もっと小さいうちに始めれば、すんなりと英語が入って行くことも考えられます。そのためにも子供英会話教室を利用した方がいいでしょう。

学校の勉強はどうしても読み書きが中心となります。入学試験があるのでしかたがないことでもありますが、英語は言語ですから、聞き取れて話せるのが本来の姿です。そのためにも子供英会話教室などで、小さいうちから英語を聞かせるのは有効です。大人ですとわからないことや難しいことは萎縮してしまってストレスになりますが、子供は初めてのことには興味津々となります。どんな勉強でも好きになることが大切ですから、子供が興味を持っている間にもっと好きになるための工夫が子供英会話教室にはたくさんあります。英語の歌であったり、紙芝居屋人形劇、数字遊びもあります。優しい女性の先生も多く、幼稚園や保育園とおなじ感覚で身につけることができます。